1. ホーム
  2. お知らせ
  3. ラクラクおそうじワンポイント一覧

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.80_カビ、湿気取り3.除湿のポイント

みなさんこんにちは!

梅雨の真っ只中ですが、今年は時々晴れ間があって助かります。 晴れた日には洗濯やお部屋を開け放したりしておそうじができるので、てきぱき動きましょう!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「カビ、湿気取り3.除湿のポイント」について

かつて日本の住宅は夏向きに造られていてすきま風いっぱいでした。ところが1970年代から欧米式に高気密、高断熱に造られる ようになりました。

熱と空気が普通に流れれば問題はないのですが、防犯上などで、生活スタイルが変化して昔の生活のように昼間窓を開け放している 家はあまり見かけなくなってしまいました。

温度が高くて空気が淀むと、湿気が多くなり、カビが生えて健康上大変問題になってきます。

そこで、除湿するには除湿機、除湿シート、除湿棒や除湿剤などを上手に使い、お部屋の中、押入れの中、クローゼットの中の湿気 を少なくしてあげればこの時期も快適に過ごすことができます。

除湿機は1万円台から4万円くらいで購入できて、びっくりするくらいの水が溜まります。

最近の除湿機は特に省エネでできていて電気代は心配要らないぐらいと思います。

除湿シートや除湿棒は押入れやクローゼットの中に季節ごとに交換しておいておくと良いと思います。

日本でも地球温暖化の影響で高温多湿になってしまい何かと過ごしづらくなってしまいましたが、便利な製品や道具を使って少しで も快適に過ごしましょう!

ラクラク おそうじ ワンポイント!は週一の割合で配信してまいりましたが、今回で一旦終了とさせていただきます。おそうじに 関するアイデアや方法など私なりの視点で色々書いてまいりましたが少しは参考になりましたでしょうか? 長い間ご覧頂きありがとうございました。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.79_カビ、湿気取り2.漂白剤

みなさんこんにちは!

首都圏でも梅雨に入り毎日湿度が高く、不快指数もだいぶ高くなっています。 じめじめしていると気持ちもなかなか上向きませんが、家の中だけでもきれいにして気持ちをすっきりさせましょう!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「カビ、湿気取り2.漂白剤」について

バスルームや洗面所などの水周り、押入れやクローゼットの中、たんすの裏側にはカビが生えていることがあります。

前回取り上げましたが、カビが好む条件は温度、湿度、淀んだ空気、栄養です。

カビを予防するにはこれらの原因を取り除いてあげることで防ぐことができます。

このカビは生えてしまうとやっかいですから、通気をよくして生やさないことがいちばんですが、バスルームや洗面所に生えてしまったら、液体せっけんと酸素系漂白剤でペーストを作り、黒カビ部分に塗り30分~1時間置いてから使い古しの歯ブラシなどで擦ります。

浴室などの黒カビは長期間ほっておくと頑固に落ちなくなりますから、軽度のうちに酸素系漂白剤で落としておきましょう!

台所のふきんやまな板、茶渋の漂白にも酸素系漂白剤は大活躍します。今の時季はまめに漂白することで食中毒の予防にもなります。

酸素系漂白剤は塩素系漂白剤に比べると強力な効果はありませんが環境に優しく取り扱い時の危険もほとんどありません。

次回は「カビ、湿気取り3.除湿のポイント」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.78_カビ、湿気取り1.換気

みなさんこんにちは!

いよいよ関東地方も梅雨入りでしょうか? じめじめしますがやはり水の惑星地球ではこれは恵みの雨ですから、過ごし方を工夫して快適に暮らしましょう!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「カビ、湿気取り1.換気」について

世界中には何万種とも言われるカビの種類があります。発酵食品や、薬などとして役に立っていますが他方では人、住まいの健康を脅かす存在でもあります。

特に屋内のカビの胞子の量が増えると喘息やアレルギーの原因になります。

このカビは真菌といわれる微生物で、このカビが好む条件は

1.温度20度以上

2.80%以上の湿度

3.淀んだ空気

4.栄養.

上記のような条件下でカビは増殖します。これらの条件を一つでものぞいてしまえばカビの増殖は防ぐことができるのです。

現代の住居は高気密に造られていて、カビが増殖するのに適した環境を作ってしまっています。

そこで対策として、空気を動かすことです。

晴れた日には窓を開け、押入れやクローゼットも開け放して風を通してあげます。

集合住宅などで窓がない風呂場や洗面所は入浴後に換気扇を朝まで回すのがベターです。

新しい集合住宅では浴室乾燥機が設置されていますので、その利用も効果的です。

次回は「カビ、湿気取り2.漂白剤」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.77_おそうじの効率アップ3.頻度決め

みなさんこんにちは!

寒かったり、夏日で暑かったりで、体調を崩してる人も多く見受けられます。 規則正しい生活習慣を守り、きちんと食事を摂って健康を維持しましょう!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「おそうじの効率アップ3.頻度決め」について

汚れは時間が経ってしまうと落ちにくくなります。

毎日くまなくおそうじできる人はよいのですが、現代人は忙しくてなかなか毎日全ての場所をきれいにすることはできません。

そこで場所ごとにそれぞれに頻度を決めておくと、あとは点検してこびりついた汚れがないかをチェックして、汚れがあればすぐにお手入れしていればいつもきれいに保てると思います。

汚れを見つけた時には明日やろうとか、見なかったことにしようとかと後回しにしないことです。見つけた時がきれいにする時です。

あと整理整頓もその家庭にあった時期を決めてする。それを習慣づけてやっているときれいが保て、生活にも余裕が出てきて家事がより一層楽しくできるようになるはずです。

いつも楽しく家事ができるようになるにはダラダラとしないで、てきぱき楽しく、効率よくすることです。

次回は「カビ、湿気取り1.換気」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.76_効率アップ2.道具の置き場所

みなさんこんにちは!

少し汗ばむほどになってまいりました。 水分をまめに補給して有酸素運動をすると体が軽くなるような気がします。 いつもの道を少し早足で歩いてみませんか?

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「効率アップ2.道具の置き場所」について

汚れは放置すればするほどそうじが大変で億劫になります。気づいた時に直ぐにそうじをするのが、負担のかからない方法で、そのためには道具はすぐに取り出せる決めた場所に置いておくことが大切です。

そうじ道具は目に触れる場所には置きたくないですね。洗面台の下を上手に活用してプラスチックの箱(またはポリバケツ)などを用意して背の高い洗剤、ブラシやスクィージーを空間にはラックを置き、箱入りの洗剤、きれいに乾いた雑巾などを置きます。

扉の内側にはタオルハンガーをつけて、ファイバークロスを掛ける場所にします。

浴室にはフックを取り付けて、ブラシやスポンジをかけて水分が切れるようにおきます。

次回は「効率アップ3.頻度決め」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.75_効率アップ1.無駄のない動き

みなさんこんにちは!

G.Wは良い天気に恵まれましたがその後は雨が多くて梅雨のはしりでしょうか? 衣料の入れ替え時期も悩みます。晴れた湿度の低い日を選んでしましょう。

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「効率アップ1.無駄のない動き」について

おそうじの上手な人はいつもきれいにしてますが、そんなに一日中そうじをしているわけではない気がします。

それはやり始めるとやはり手際よくどんどん片付けてそうじも無駄な動きがないからだと思います。

ほこりは上から下へ落ちますから部屋のおそうじは天井、壁、鴨居~床へとはたき(ブラシ)をかけて、後から掃除機をかけます。

押入れやクローゼット、引き出し、食器棚などは奥から前へ掃きだします。

窓ガラスのおそうじですが、できればお手伝いをしてくれる人と一緒に外側と内側を同時に拭くと、汚れた部分のチェックも同時にできるのでおすすめです。

次回は「効率アップ2.道具の置き場所」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.74_おそうじの環境作り5.中そうじ

みなさんこんにちは!

明日からG.Wが始まります。行楽日和になるといいですね、何処へも行きませんという方は天気の良い日にクローゼットや押入れの入れ替えをしてみませんか?きれいに片付くと気分がすっきりしますよ!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「おそうじの環境作り5.中そうじ」について

今日は思い切ってすべてをきれいにしようと思っても、年末のおおそうじのようにはなかなかできませんよね、そこで普段はクリーナーがけだけで済ませているところも1ヶ月に一度とか1週間に一度とか場所によってプチ片付けの日を決めて中そうじをしておくと年末のおおそうじにはとても楽です。

例えばクローゼットの中はシーズンごとに整理してクリーニングに出したり、季節の入れ替えや、防虫剤の補充、不要品の整理をする。

食器棚も年2回(夏、冬)と決めて棚を拭いたり、食器も洗って使いやすく入れなおします。

押入れの中はやはり、季節ごとに使用する毛布や羽毛布団をシーズンオフの時には圧縮袋に入れて容量を小さくしてしまったりします。

そのときにはもちろんクリーナーをかけて中をきれいにします。

食品庫も種類ごとの整理や賞味期限切れの食品、調味料などの処分をします。

収納はとにかくしまったら最後出さないのはNGです。しまってあるものの把握をいつもしておくことと、同時に不要品の処分が付いて回ります。 このようなことを時期を決めてしておくといつも家の中がすっきり片付いてきれいにできると思います。

次回は「効率アップ1.動き」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.73_おそうじの環境作り4.買い物時の心構え

みなさんこんにちは!

暖かくなったのはうれしいのですが、先週は真冬の寒さでしたから温度差が20度近くになります。 衣類の入れ替え時期はやはりゴールデンウィーク頃ですね。

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「おそうじの環境作り4.買い物時の心構え」について

普段のおそうじはクリーナーがけだけで十分ですが、部屋の中に物が散乱していると簡単にはいきません。

そこで物の整理整頓が大事になります。収納には限りがありますから、なるべく物は少なく必要最小限にしてシンプルに暮らしたい ものです。

大事なのが買い物です。安いから、欲しいからと衝動買いをしていると部屋の中は物で溢れかえってしまいます。

いつもクローゼットや下駄箱、食器棚、食品庫、押入れなどの中の物を整理整頓して存在を把握しておくと、買い物時には必要なも のだけを買いそろえる習慣ができます。

あるのに買ってきてしまい重複してしまったりすることは誰でも経験がありますよね、買い物時にはこのことをよ~く認識しておくとお部屋もすっきり、無駄のないシンプルライフができます。

次回は「おそうじの環境作り5.中そうじ」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.72_おそうじの環境作り3.片付け上手

みなさんこんにちは!

今年は例年になく寒暖の差が大きくて、農産物への影響が大きくなって、野菜なども値上がりしています。 体への影響も大です。体調管理をしっかりしましょう!

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「おそうじの環境作り3.片付け上手」について

片付け上手と一言で言ってもやはり、面倒くさがりではお部屋はきれいになりません。

いくつか片付け上手になるための条件を上げてみました。

1.気が付いたら、後回しにせずすぐに整理整頓をする。

2.汚いまま「まっ、いいか」と思わない。

3.片付けは一度にやろうと思わないで1箇所ずつする。

4.友人や恋人を招くことで部屋を人に見せる機会を多くする。

5.電気製品や家具などを購入するときには慎重に部屋のサイズを考える。

6.不要品(洋服、本、食器など)はいつか使用すると言ってとっておかない。

7.郵便物や書類などすぐに整理できないものはとりあえずの箱を作り保管する。

8.使用した物は必ず元の位置に戻す習慣をつける。

9.整理整頓してあることを習慣づける。片付いてないことに慣れてしまわない。

10.収納場所の選定(頻繁に使用するものは出し入れしやすい収納場所に決める。)

11.収納の工夫をする。(雑誌を見たりして自分の部屋に合う仕方を取り入れてみる。)

12.片付いてきれいになった場所ごとに写真を撮っておく。

などです。

お部屋が片付いていると掃除機がけも雑巾がけもすぐに取り掛かれます。

次回は「おそうじの環境作り4.買い物時の心構え」をテーマにお送りします。

ラクラクおそうじワンポイント
Vol.71_おそうじの環境作り2.頻度を決める

みなさんこんにちは!

新スタートを切った学生、社会人の方にとっては新しい環境に慣れるまでは神経やエネルギーをたくさん消費します。 5月病にならないようにあまり焦らず、周囲に気遣いながらもマイペースを通すのも回避する一つの方法です。

メールマガジンでは知っていると、とても便利な豆知識から、プロが現場で

蓄積した貴重なポイントまで公開しちゃいます!

今回は「おそうじの環境作り2.頻度を決める」について

何かと忙しい新年度ですね、家庭でも新しいスタートを切った家族がいると環境に慣れるまではまわりも疲れます。 でも部屋が汚いと余計に疲れを感じてしまいますから、汚れを貯めず定期的におそうじはしましょう。

それにはやはり家庭ごとのルールを作って各場所ごとにおそうじする当番や日を決めると良いと思います。

例えばトイレは水、土曜日(週2回)、お部屋のクリーナーがけは2日に一度とか、冷蔵庫は買い物に行った日とか、その家族に合った頻度を決めると汚れがたまる前におそうじする習慣ができ、いつもきれいを保てると思います。

次回は「おそうじの環境作り3.片付け上手」をテーマにお送りします。

  1. 1  2  3  4  5  6  7  8
  1. 0120-799-200
  2. お見積もりはこちら
  1. ラクラクおそうじ
    ワンポイント
  2. ラクラクお料理
    ワンポイント
  3. ラクラクヘルシー
    メニューワンポイント